木曽路物産
 
ごあいさつ 会社概要 開発商品一覧 天然塩 天然重曹 天然かんすい 麦飯石 天然にがり
天然塩

 

 
塩

天外天塩

天外天塩

遥かなる大地からの贈り物。
天外天塩


天外天塩はかつては海だったモンゴル大平原の岩塩から生まれたおいしい塩です。塩辛いだけでなく、ほのかな甘みを感じさせる塩です。和洋中を問わずさまざまな料理や漬け物や加工食品など、幅広い用途に素材の味を引き立て、まろやかで奥の深い旨味を作り出します。母なる海の豊かな恵みと、父なる大地の滋養が生きた天外天塩。内モンゴル・吉蘭泰、大平原の塩の湖から日本の食卓へ贈る地球浪漫です。

内モンゴル・ジランタイの塩採集の風景 天外天塩は北京より北西2,000km、内モンゴル自治区吉蘭泰(ジランタイ)の湖塩から生まれたおいしい塩です。この地は古い文献に「河流伏脈として陰潜の功がある」とかかれた場所で、ヒマラヤ山系の伏流水が大平原の岩塩の地層に湧きだし、汚染とは全く無縁の塩の湖を悠久の時間をかけて生成しています。その地で地元の人がいのちの塩と呼んで代々大切にしてきた塩が天外天塩です。

天外天塩の特徴

大地からの贈り物

天外天塩は内モンゴル自治区、ジランタイの湖から生まれたおいしい塩です。ここではヒマラヤ山系の伏流水が大平原の岩塩の地層に湧き出し、汚染とはまったく無縁の塩の湖を悠久の時間をかけて生成しています(ちなみに人類の歴史は600万年です)。地元の人がいのちの塩と呼ぶその自然なままの豊かな味わいは、悠久の時間が創りあげた大自然の恵みです。
 日本国内では「海の塩」が普通のように思われていますが、世界的にみると70%強は「陸の塩」なのです。提携先の現地の工場は中国で最大の150万トンの生産規模を誇り(日本の食塩総需要は130万トン)、日本向けの専用ラインでハイレベルな品質管理のもと製造されています。

line

おいしい

いい塩には甘味があります。その主役はカルシウムです。一方でえぐみ(苦味)をだすのがマグネシウムつまりニガリです。通常の天日塩などにはマグネシウムが多いのですが、天外天塩にはこれが極めて少なく、逆においしさを感じさせるカルシウムが多く、ほのかな甘味とともに、雑味のないすっきりした味が特徴です。最近注目されているのがスープに対する需要です。とくに近年増えている和風の昆布・椎茸やカツオを使うスープの場合はこれらのうまみ成分(イノシン酸)が、ニガリ成分と結合しダシのうまみが出てこなくなるのです。ここにニガリ調整をしなていない天外天塩の人気の秘密があるのです。
line

驚きの浸透性

天外天塩は素材に対する浸透性で高い評価を得ています。たとえばサケの切身に使用して、今までは表面にしか塩味が乗らなかったのが、天外天塩に代えてからは中身までしっかり味付けができ、シシャモ加工でもおなじでした。卵の部分までしっかり浸透することは今までになかったと評価いただいたお客様もいます。またカツオのたたきにする際のふり塩に使ってバーナーで焼いたところ、今までになくムラなくきれいに焼けたとのことで、浸透性の良さをさまざまなお客様が実感していらっしやいます。
line

抜群の作業性

作業現場の皆様に一番気に入っていただけるのが、天外天塩の溶解性の良さです。通常の場合、底にたまってかき回してもなかなか溶けにくいのですが、この塩の場合はすーっと溶けて作業性を大きく向上させます。また通常の塩の場合、かなりの水分を含んでおり食材に混合する時にべた付いて混ざりにくいことがありますが、天外天塩は乾燥してほとんど水分がないため他の食材と混ざりやすいという利点があります。
line

成分の比較

成分

line

他の塩との差別化は?

日本国内に流通している塩は99%が海の塩と言っても過言ではありません。しかしながら世界的な視野でみると、海の塩は30%弱に過ぎず、他の70%強は陸の塩、つまり湖塩も含めて岩塩なのです。蒙古の塩はこの岩塩に当ります。平成14年4月に塩の自由化が実施されたにもかかわらず、大方のスーパーの店頭は昔のまま、圧倒的に海の塩です。つまり陸の塩即ち岩塩であること自体が差別化になります。しかも蒙古の塩は価格もいたってリーズナプルです。さらに岩塩の中でも味のまろやかさでは圧倒的な評価をいただいております。
line
岩塩
岩塩
内モンゴルの大地は以前は海だった地層が隆起してできたものです。ここで採れる岩塩は悠久の時間をかけて生成された塩の結晶そのもの。ロック状のその姿は見る人に興味以上の感動を誘い、塩コーナーの奥行きと広がりを感じさせます。また岩塩なのに不恩態と苦味がなく、主力成分のカルシウムの持つ特徴のために甘味があります。そのおいしさにプロやマニアの方も大いに満足していただけます。
天日湖塩
天日塩・月光塩
砂漠に結晶した岩塩が、ヒマラヤからの伏流水で溶かしだされ、湖に再結晶したものをそのまま採取したものと、飽和食塩水で洗ったもの。メッシュの大きさは通常の市販のものより大きく、岩塩そのものの風味と粒々の質量感をもつ、粗塩タイプです。
天外天塩
天外天塩
岩塩を溶解させて結晶したものを真空蒸発缶で精製したもの。一粒一粒のメッシュが極めて細かく、pHが9.5もありすばらしい浸透性です。しかも乾燥しているので使いやすさは抜群です。塩水にして高い透明度が要求される場合や、少しの爽雑物でも嫌う場合にお勧めします。製パン、製麺、ハム・ソーセージ、漬物、調味料等々、あらゆる食品加工用・調理にお勧めできる自信作です。
イラスト
Copylight(C)2007 All Right Reserved By KISOJIBUSSAN Co.,Ltd